ねこのいるカフェ 小倉猫茶家


ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真1

『小倉猫茶家』店内

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真2

カルボナーラ♪

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真3

キャラメルナッツのスイートポテト!

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真4

抹茶ラテ♪

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真5

にゃーす君

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真6

すず様

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真7

オットアイ!きのこちゃん

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真8

兄まっしゅ君

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真9

ぼんちゃん

紹介・利用案内

小倉猫茶家

住民達は元地域猫・・・野良猫です。我が家に来て、一部の猫は新しい家族を探し、猫なりに接待しています。
ゲストの定員は10名程度の小さいお店です。
猫たちは新しい家族(里親)を探しています。(医療費の一部ご負担をお願いしています。)

mixi m コミュニティー名 小倉猫茶家


保護

当店では猫の保護は受け付けていません。
小倉猫茶家住民になるには、他の子達に感染しないよう、『血液検査』『ワクチン』『検便』『ノミ、ダニ駆除』『避妊去勢』など行います。子猫・人の赤ちゃん・免疫力のない人が『感染』しないようにする為です。
小倉猫茶家の活動
ボランティア団体の方は、地域の野良犬や野良猫をこれ以上、増やさないよう、避妊去勢及び、飼い主から見放された動物達の餌やりを『実費』で行い、里親探しをしています。
当店でも同様に、新しい家族(里親)を探しています。少しでも新しい家族に出会えるよう、告知し、住民達も接待しています。当店で団体の方を応援出来る手段として・・ガチャガチャおやつ・イラスト・写真・ポストカード他を販売し、売上の一部を動物保護の為に寄付・治療費として使わせて頂いております。
猫が好む人
猫を飼っている人・・・知らない猫の匂いに興味を示します。
おやつをくれる人・・・食べ物は最強。時には戦場と化します。
※数量制限あり(肥満防止)人の食べ物は味が濃すぎます。
お腹を壊しますので、絶対に与えないで下さい。
おもちゃで遊んでくれる人・・・可愛いポーズでおもちゃしか見えてません。他のお客様・怪我にはお気をつけて下さい。
猫に嫌われる人
大声・高い声で近寄る人・・・知らない人から捕まると思ったら、勿論、逃げます。
自由にさせない人・・・自由奔放な性格なのが猫です。暴れて怪我をする危険があります。
猫を乱暴に扱う人・・・言わずともわかりますよね。人も一緒です。

料金・システム

30分コース(1ドリンク付)
60分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)
90分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)
120分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)



+100円でケーキセットに変更できます。
+200円でスイーツドリンク・ケーキセットに変更できます。
+300円でフードセットに変更できます(サービスドリンク付)。
※60分コース以上のお客様に限ります。
+500円でビール・おつまみセットに変更できます。

延長 15分毎 200円

お願い・ご注意

エレベーター正面のドアを開ける際は、近くに猫がいないか確認してご入店下さい。
フロントにて受付、ご利用上の注意などにご同意いただいたあと、手洗い消毒をして、お好きな席へお座り下さい。
※手洗い消毒は人と猫との健康の為、必ず行って下さい。
※貴重品がある場合、お預り致します。
ドリンクやフードは、絶対に猫たちに与えないで下さい。
ゆっくりとお食事したい方、食べにくい方はカフェスペースをご利用下さい。
※カフェスペースへの猫の出入りは禁止です。
お時間になってもお呼びしませんので、自己管理でお願いします。
他に入店待ちの客様がいない場合は、お好きなだけ延長(15分200円)出来ます。
ご来店時のご注意
ペット同伴はご遠慮下さい。
中学生未満のお客様は、お客様と猫の危険防止の為、慣れている方でも、抱っこはご遠慮下さい。
※猫たちが嫌がる時は、他のお客様も抱っこしないで下さい。
万が一、猫たちが怪我・損害を与えてしまった場合、
  応急処置程度しか出来かねますので、ご了承下さい。
猫や他のお客様が嫌がる行為と判断した場合、助言させて頂きます。
  改善がお見受けできない場合は、退店して頂く場合もありますので、ご了承下さい。
※店内で大声を出す、走り回る、猫が嫌がる行動をするなど。
※猫は強い光に弱いので、フラッシュを使用する写真撮影など。
基本的には全て自己管理、保護者の責任の上でお楽しみ下さい。

場所

場所福岡県北九州市小倉北区魚町3丁目4−3
バザーリ小倉 5F
TEL093−541−0102
道順北九州鉄道(モノレール)平和通り駅を降り、 緑色の看板の『親和銀行』さんの角を曲がり 赤い看板の『焼き鳥本陣』さんの右隣の 一風変わった建物(バザーリ)の5Fです。
 

記事

  • ~2017年、第9期ミルボラ卒業猫 仮名:りおん・だりあ・かりん~

    11月18日 13時
    こんにちは、にゃ、にゃ、にゃーすです。
    今年も残り40数日で終わりますね・・・。
    今年のミルボラも多分、この子達で最後かもしれません。
    10月23日、センター獣医師さんから連絡があり、
    『…3週齢ではあるけど、猫風邪が酷く、他のミルボラさんは
    今は誰もお預り出来ないので・・・』 と・・・
    ウチは、お断りする理由もないので、お受けしました。
    久々の3週齢なので、授乳時期も1,2週間我慢すればいいだけ。
    イメージ 1
    (337g 男の子)
    猫風邪はひいていても初乳をしっかり飲んでいるので
    きちんと管理さえすれば、命を落とす危険は少ない。
    イメージ 2
    (316g 男の子)
    しっかりした身体付きで、初日は威嚇されまくりでした。
    イメージ 3
    (321g 女の子)
    猫風邪医療は、体重も軽いので、投薬・注射ではなく
    まずは身体に負担の少ない点眼を授乳の度に行い、
    ドロドロした目やにを完全除去する事で完治してくれます。
    イメージ 4
    一応、センターでノミ取りスプレーは噴霧されてはいますが、
    その匂いではない、異臭があり、爪も黒く、
    育った環境が不衛生であったんだと判断出来ました。
    その後、便の状態が緩くなり、匂いもあり、
    顕微鏡で検査すると、いつもの厄介なヤツが・・・
    イメージ 14
    センター職員さんが本庁に行かれる予定があったので、待ち合わせをして
    お薬を頂き、連絡したその日に処方し、
    あとは殺菌する日々。
    やはり初乳をしっかり飲んでいる影響だから??
    1週間しないくらいで便もカタチ、色も戻りだしました。
    仮名もお客様より命名頂き・・・
    イメージ 5
    りおん 男の子
    イメージ 6
    だりあ 男の子
    イメージ 7
    かりん 女の子
    イメージ 8
    いつも退屈そうにアクリル越しにフロアの様子を覗いていたので・・・
    ベランダデビューし
    イメージ 9
    ゲージの中ではない、広い空間を探検し
    イメージ 10
    走り回り、またゲージに戻り、運動した分をまた食べて成長する・・・
    ゲージの中でも飛び跳ねて、每日お水を零し、
    汚れないようにペットシーツをひいているのですが、
    そのシーツを引っ張り、遊んでいました。
    気がつけば、もうすぐ生後2ヶ月になったのではと思っていると・・・
    『今、猫達に新しい家族が決まっていっているので、
    金曜日に戻してもらっていいですよ!』 との事。
    昨日、センターへ連れていきました。
    2階の事務所で、獣医師さんに『こんな感じに成長してくれました!』
    とキャリーバックから出すと・・・
    イメージ 11
    猫風邪で目やにだらけだった子猫が猫っぽくなった姿に
    イメージ 12
    獣医師さん、指導員さん、奥から所長もやってきて
    皆さん、抱っこし、優しく撫でて
    『ちゃとらの子猫は本当に可愛いですよね!』
    『ちゃとらの女の子ってあんまり生まれないんですよ、知ってました?』
    『所長のところの◯◯君の相方にこの子達どうですか?』
    このような職員さんが増えてきたので、寂しさはありますが・・・
    あとは、職員さんにお任せし、この子達が家族として一生涯可愛がって頂く
    新しい家族(里親さん)を選んでくれます。
    イメージ 13
    昨日から店内の保育室は子猫臭も
    子猫が飛び跳ねる音もしなくなり、
    静かになりました。
    今までいた所にいない事に今日も違和感を感じています。
    まだセンターには愛らしい子達が沢山います。
    出来れば、年越しは皆、新しい家族と迎えて欲しいと思っています。
    ご関心ある方は北九州動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。
                                                    …おしまい…
  • ~感謝~

    10月31日 14時
    こんにちは、にゃ、にゃ、にゃーすです。
    今日は、世間様ではハロウィンのようですね。
    今月も残り数時間で終わりますが・・・
    皆様にご報告致します。
    小倉猫茶家も2010年10月25日にひっそりとオープンし、
    7年を過ぎ、8年目を迎えれるよう、のんびりと営業しております。
    オープン当初から皆の成長を見にお越しになるお客様も居られ、
    ここまで続けられたのも皆様の支えがあってだと思います。
    イメージ 1
    当初は抱っこは嫌がらないならOK…
    お子様に規制も少し甘めにしていました。
    イメージ 2
    ボク達も少しずつ成長し、
    遊ぶよりも撫でられるのもいいかなぁと思いようになり、
    同じ、魚町にもう1件、猫カフェが増え・・・
    今では、北九州市にウチを合わせて・・・5軒と競合しています。
    何度も…今も…お店の継続について考える事は多々あります。
    ボクもココに来てすぐに、ねこ店長と命じられ、
    皆の教育を行い、
    イメージ 3
    皆がご飯を残すので、仕方なく・・・
    残したご飯を渋々食べて
    イメージ 5
    少しだけ皆よりも大きく成長しました。
    イメージ 4
    皆、平均7歳組みで、高齢は、ゆめちゃん10歳後半11歳、
    若齢で、うろこちゃん・らぬねちゃん5歳・・・
    と皆、オモチャ慣れしていますが、
    のんびりとした時間を過ごしたい方々・・・
    小倉へ来られた際は・・・
    お待ちしております。
                                                   …おしまい…
  • ~2017年、第8期ミルボラちゃん 虹の橋を渡りました~

    10月20日 17時
    こんにちは、にゃ、にゃ、にゃーすです。
    今年のミルボラももう終わったと思っていたら・・・
    昨日の夕方、センター獣医師さんから連絡がありました。
    ・・・ミルクの飲みがかなり悪く、3時過ぎにカテーテルで4ccずつ飲ませました。
    ちょっと厳しい子ですが、お預かり出来ますか?・・・と。
    状態がよくなくても連絡があれば断らず、
    私にやれるお世話をすると決めているので、
    お受けしました。
    ・・・とりあえず、点滴のキットはまだ残っていますか?
    カテーテルを多めに準備しておきますので、
    宜しくお願いします。・・・
    営業中ではありましたが、獣医師さんが帰り道をお店の前まで来てお預かりしました。
    ミルクティー色した綺麗なちゃとら君と
    特徴的な淡い三毛猫ちゃん。
    イメージ 1
    店内の状況が落ち着いた時にまず哺乳瓶で授乳してみましたが
    やはり飲み力がない・・・。
    微量ずつ口に入れて半分こぼしはするけど多少は飲んでくれました。
    キャリーバックにペットヒーターを入れて体温を下げないようにしていたのですが
    ほんの10分くらいで体温が低下していき
    2,3ccくらいしか飲んでいなかったけど、排泄・体重測定だけ行い、
    ペットヒーターの入ったキャリーへ戻し、
    体温が逃げないようにブランケットで身体を覆いました。
    イメージ 2
    体重は・・・ちゃとら君 106g
    淡いみけねこちゃん 103g
    へその緒がまだ柔らかかったので、生後3,4日くらいなのかなぁと思われます。
    その後の授乳は確実に栄養を体内に入れる為、
    カテーテルで少し温かめのミルクを与えました。
    深夜0時を過ぎたくらいから呼吸が苦しそうになり、
    口周りにヨダレが・・・。
    脱水症状になり、最悪の結果になる事が多いので
    脱水気味でもあったので早めに皮下点滴しました。
    常温の点滴液なので急激に体温も低下するので
    ビニー袋を重ねて、お湯のウォーターベッドを作り
    その上でみるぼらちゃんにすごしてもらい、ブランケットを重ね、
    体温をあげるようし、、30分後くらいには体温も温かくなりましたが、
    呼吸は相変わらずで、次の授乳まで近くで様子を見ていましたが・・・
    淡いみけねこちゃんが・・・
    それから1時間ほどして、ちゃとら君が虹の橋を渡りました。
    今年の第1期ミルボラちゃんも同様の感じではありましたが
    口周りはヨダレで濡れて、
    お尻も力んでいるので排泄物が付いている状態だったので
    最後に私に出来る事は、綺麗に身体を洗い、
    ふかふかのブランケットで覆ってあげる事だけです。
    今日、センター獣医師さんとお話し、
    ・・・昨朝、乳飲み子を保護したとの連絡があり、詳しく話を聞くと
    まだへその緒が付いている状態で、草むらに乳飲み子だけでいたとの事
    だったので、獣医師さんも・・・
    ・・・母猫が何処かでご飯を食べに行っていて通常は乳飲み子の元へ戻り
    安全な場所へ移動し、授乳するので、出来れば、元の場所へ戻して下さいと。
    でも、人が触れてしまったので、戻ってこないかも?
    結果は・・・母猫は乳飲み子の元へ戻らず、3時前に
    動愛センターへ持ち込まれたと・・・。
    電話をされた方が保護した、朝から動愛センターへ来るまでの間で
    低体温の状態であり、ミルクも飲むことが出来ず弱っていた・・・
    母猫と一緒にいた時間が短く、ミルクもあまり飲めていなかったのも
    この子達のミルクを飲み力がなかった原因だと思われるとの事でした。
    私がお預かり、育てた時間は半日もないくらいでしたが、
    また次に猫として生まれた時は
    母猫と一緒に沢山の人達に可愛がられる室内猫であって欲しいと思います。
    力尽きる瞬間を看取り、毎回、ミルボラするのが怖いと思う時がありますが
    誰かが一時的でも育てないといけないので、
    私はまた動愛センターから連絡があれば、
    元気で人懐っこい子猫として動愛センターへ戻れるよう
    お世話させてもらいます。
                                                 …おしまい…
  • ~2017年、第7期ミルボラ卒業猫 仮名:にゃあたん・にゅうたん・ちゅったん~

    10月13日 19時
    こんばんは、にゃ、にゃ、にゃーすです。
    センター登録の他ミルボラさんがお預かり出来ないとの事で
    今年初の生後2週後半から3週間くらいの乳飲み子を
    お預かりました。
    体重も・・・
    イメージ 1
    353g 男の子
    イメージ 2
    355g 男の子
    イメージ 3
    314g 女の子 と数年ぶりの300gオーバー
    はじめはミルクをあまり飲んでくれませんでしたが
    イメージ 4
    お預かり半日で我慢出来ず、
    キュンキュン飲んでくれるようになりました。
    タイミングよく、数回来ているお行儀のよい親子がいたので、
    授乳させる姿、お母さんから質問があり、
    『何故、ここでミルクをあげているのか、何故、母猫と一緒にいないのか』など
    尋ねられ、お子様も理解出来るように説明しました。
    月齢も大きかったので、授乳も10日ほどで終わり、離乳させました。
    イメージ 15
    今年お預かりちゃんの中で1番簡単に離乳も出来ました。
    離乳も出来た頃、お腹を壊し、コクシジウム・・・
    その後、軟便が続き、便の中からウリザネ条虫が・・・
    投薬し、完治しそうな頃、授乳姿をみた親子がやってきました。
    この前、授乳していた子猫も今は離乳食を食べれるようになり、
    途中、お腹の具合が悪くなる病気になったけど完治した事を伝え、
    アクリルの壁越しに眺めていたので・・・
    この小学生のお子様に命名いただこうと思いました。
    その旨を伝えるともう決めていたかのように・・・
    イメージ 5
    にゃあたん 
    イメージ 6
    にゅうたん
    イメージ 7
    ちゅったん
    と命名頂きました。
    お母さんの話では、可愛いものに『ったん』と言うことがあるらしいです。
    子猫ならでは顔を突っ込んで食べる・・・
    競争のように手も突っ込んで食べる・・・
    毛づくろいが上手に出来ない・・・
    最低でも1日2回は拭いているけど追いつかない・・・
    その結果、口周り・手の甲の毛が禿げてしまいます。
    イメージ 8
    地道に每日拭き汚れを取り、それでも追いつかないので
    2,3日に1回は洗うようにしていましたが・・・
    イメージ 9
    あまり変わりません。
    イメージ 10
    やっぱり母猫が顔周りを舐めたり、
    自分達で綺麗に毛づくろい出来ないと・・・。
    気がつけば、月齢も1ヶ月半を越えていたせいか、
    ゲージの中だけでは退屈そう、運動量を増やしてあげたかったので
    ベランダデビューさせました。
    イメージ 11
    通常、ベランダデビューさせた当日は怯えて固まっているのですが
    この子達はベランダのタイルの匂いを嗅ぎ、
    その後、走り回り、互いにじゃれ合う・・・
    イメージ 12
    怖いもの知らずの子猫ではありますが、
    一緒にベランダに出ていると足元の近くで遊び、
    少し遠くへ走っていってもすぐに戻ってくる・・・
    私も同じ猫?母猫?だと思われているんでしょうね。
    イメージ 13
    そんな子達とも気づけれな2ヶ月を過ぎ、
    センターの猫達も良きご縁が決まっていき、
    この子達が戻れるスペースも確保出来たとの連絡があり、
    本日、センターへ戻りました。
    今回の子達は少しやんちゃで甘えん坊、
    怖いもの知らずでもあり、新しものにはやはりビビる・・・
    そんな猫らしいでした。
    センターへ戻り、ワクチン接種しました。
    毎回の事ではありますが、お別れは寂しく、慣れませんね…。
    でも、この子達を私以上に可愛がってくれる家族がいるはずです!!
    イメージ 14
    来週?再来週、里親募集掲載されると思います。
    北九州動物愛護センター 譲渡対象犬猫の紹介ページ
    ご関心ある方は北九州動物愛護センターまで。
                                                      …おしまい…
  • ~にゃーすのダイエット日記~

    10月12日 11時
    こんにちは、にゃ、にゃ、にゃーすです。
    ボクは病院へ行くと・・・
    『ダイエットさせて下さい!』って言われます。
    でも、なかなか減量って難しいです。
    すぐ目の前にあるけど・・・
    食べたらいけないって悲しいよ!
    イメージ 1
    だから、少しは我慢するけど、誰も見ていない時、
    こっそりと食べています。
    イメージ 2
    これは内緒ですよ!!
    『あぁ、お腹へったよ! ケプゥ…』
    イメージ 3
    まだパパはボクがこっそり食べている事に気づいていないようだ。
    絶対に内緒ですよ!!
                       …おしまい…

場所福岡県北九州市小倉北区魚町3丁目4−3
バザーリ小倉 5F
TEL093−541−0102
公式HPhttp://park.geocities.jp/kokuranekocyaya/content/index.html
Bloghttp://blogs.yahoo.co.jp/boou_1964
道順北九州鉄道(モノレール)平和通り駅を降り、 緑色の看板の『親和銀行』さんの角を曲がり 赤い看板の『焼き鳥本陣』さんの右隣の 一風変わった建物(バザーリ)の5Fです。
営業時間2010年10月25日