ねこのいるカフェ 小倉猫茶家


ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真1

『小倉猫茶家』店内

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真2

カルボナーラ♪

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真3

キャラメルナッツのスイートポテト!

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真4

抹茶ラテ♪

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真5

にゃーす君

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真6

すず様

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真7

オットアイ!きのこちゃん

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真8

兄まっしゅ君

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真9

ぼんちゃん

紹介・利用案内

小倉猫茶家

住民達は元地域猫・・・野良猫です。我が家に来て、一部の猫は新しい家族を探し、猫なりに接待しています。
ゲストの定員は10名程度の小さいお店です。
猫たちは新しい家族(里親)を探しています。(医療費の一部ご負担をお願いしています。)

mixi m コミュニティー名 小倉猫茶家


保護

当店では猫の保護は受け付けていません。
小倉猫茶家住民になるには、他の子達に感染しないよう、『血液検査』『ワクチン』『検便』『ノミ、ダニ駆除』『避妊去勢』など行います。子猫・人の赤ちゃん・免疫力のない人が『感染』しないようにする為です。
小倉猫茶家の活動
ボランティア団体の方は、地域の野良犬や野良猫をこれ以上、増やさないよう、避妊去勢及び、飼い主から見放された動物達の餌やりを『実費』で行い、里親探しをしています。
当店でも同様に、新しい家族(里親)を探しています。少しでも新しい家族に出会えるよう、告知し、住民達も接待しています。当店で団体の方を応援出来る手段として・・ガチャガチャおやつ・イラスト・写真・ポストカード他を販売し、売上の一部を動物保護の為に寄付・治療費として使わせて頂いております。
猫が好む人
猫を飼っている人・・・知らない猫の匂いに興味を示します。
おやつをくれる人・・・食べ物は最強。時には戦場と化します。
※数量制限あり(肥満防止)人の食べ物は味が濃すぎます。
お腹を壊しますので、絶対に与えないで下さい。
おもちゃで遊んでくれる人・・・可愛いポーズでおもちゃしか見えてません。他のお客様・怪我にはお気をつけて下さい。
猫に嫌われる人
大声・高い声で近寄る人・・・知らない人から捕まると思ったら、勿論、逃げます。
自由にさせない人・・・自由奔放な性格なのが猫です。暴れて怪我をする危険があります。
猫を乱暴に扱う人・・・言わずともわかりますよね。人も一緒です。

料金・システム

30分コース(1ドリンク付)
60分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)
90分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)
120分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)



+100円でケーキセットに変更できます。
+200円でスイーツドリンク・ケーキセットに変更できます。
+300円でフードセットに変更できます(サービスドリンク付)。
※60分コース以上のお客様に限ります。
+500円でビール・おつまみセットに変更できます。

延長 15分毎 200円

お願い・ご注意

エレベーター正面のドアを開ける際は、近くに猫がいないか確認してご入店下さい。
フロントにて受付、ご利用上の注意などにご同意いただいたあと、手洗い消毒をして、お好きな席へお座り下さい。
※手洗い消毒は人と猫との健康の為、必ず行って下さい。
※貴重品がある場合、お預り致します。
ドリンクやフードは、絶対に猫たちに与えないで下さい。
ゆっくりとお食事したい方、食べにくい方はカフェスペースをご利用下さい。
※カフェスペースへの猫の出入りは禁止です。
お時間になってもお呼びしませんので、自己管理でお願いします。
他に入店待ちの客様がいない場合は、お好きなだけ延長(15分200円)出来ます。
ご来店時のご注意
ペット同伴はご遠慮下さい。
中学生未満のお客様は、お客様と猫の危険防止の為、慣れている方でも、抱っこはご遠慮下さい。
※猫たちが嫌がる時は、他のお客様も抱っこしないで下さい。
万が一、猫たちが怪我・損害を与えてしまった場合、
  応急処置程度しか出来かねますので、ご了承下さい。
猫や他のお客様が嫌がる行為と判断した場合、助言させて頂きます。
  改善がお見受けできない場合は、退店して頂く場合もありますので、ご了承下さい。
※店内で大声を出す、走り回る、猫が嫌がる行動をするなど。
※猫は強い光に弱いので、フラッシュを使用する写真撮影など。
基本的には全て自己管理、保護者の責任の上でお楽しみ下さい。

場所

場所福岡県北九州市小倉北区魚町3丁目4−3
バザーリ小倉 5F
TEL093−541−0102
道順北九州鉄道(モノレール)平和通り駅を降り、 緑色の看板の『親和銀行』さんの角を曲がり 赤い看板の『焼き鳥本陣』さんの右隣の 一風変わった建物(バザーリ)の5Fです。
 

記事

  • ~2018年度、第7期ミルボラ少し早めの卒業猫 仮名:そっくす~

    07月10日 11時
    こんにちは、元ねこ店長のにゃーすです。
    いつものミルボラ日記を記載しますね。
    5月30日、センターから連絡があり、
    乳飲み子をお預かりする事にしました。
    イメージ 1
    (138g)
    1ニャンだけで持ち込まれたみたいなので、
    私は・・・
    『母猫から育たないだろうと見捨てられた子なんだろう・・・』
    と思っていました。
    はじめての授乳はあまり飲んでくれませんでしたが、
    2回目以降、キュンキュン飲んでくれるまでになりました。
    イメージ 2
    膝の上で他のミルボラちゃんに与えようとしていたら・・・
    『それはボクのだから!』
    と言わんばかりに横取りする
    母猫に見捨てられた子猫ではない感じがしました。
    イメージ 3
    同時期にいた第6期ミルボラちゃんは授乳は必要でしたが
    トイレが自分達でいけるようトレーニング中の為、
    ゲージ生活でした。
    第7期君はひとりぼっちでキャリーバックで1日、鳴いて過ごしました。
    寂しそうな鳴き声と、授乳のたびに
    他にミルボラちゃんに興味も持っていたので
    体温低下が不安ではありましたが、
    第6期ミルボラちゃんと同じゲージの専用寝床に入れてみました。
    はじめは皆、離れて過ごしていましたが、
    1ニャンが一緒に添い寝してくれてからは
    常に誰かと一緒・・・3ニャン皆と一緒に
    兄妹のようでした。
    イメージ 4
    その後生後3日ほどでお預かりした第8期ミルボラちゃん、
    同ゲージで過ごす4ニャンからコクシジウムが出て、
    軟便・下痢…でしたが、完治し、
    コクシジウムがいた時期もミルクをキュンキュン飲む食欲は変わらず
    体重が落ちる事はありませんでした。
    授乳した姿をお見せしたお客様に・・・
    『そっくす』と命名、いただきました。
    イメージ 5
    第6期の先輩達がベランダデビューする際、
    一緒に出した時は、少し怖くて鳴いている・・・
    足元から離れない状態でしたが、
    イメージ 6
    何度か出ると怖いところではないと理解し、走り回っていました。
    イメージ 7
    第6期ミルボラちゃん達とは月齢が3週間ほど違いました。
    それから数日・・・
    第6期ミルボラちゃんがセンターへ戻り、
    里親募集準備に入りました。
    今まで先輩ニャンと楽しくじゃれ合い・添い寝していたけど
    また、ひとりぼっちになりました。
    イメージ 8
    その時期、また別の乳飲み子がやってきていたので
    その中から、体温が安定している子と新生活をしてもらいました。
    以前はそっくす君は年下・・・
    今は年上で、じゃれてみたけど、
    まるでいじめてるみたい・・・
    同居ニャンとはじゃれてはいけないと思い、
    『誰か、ボクと遊んでよ…』
    『ボクを構ってよ・・・』
    イメージ 9
    と寂しそうに鳴き、
    もう離乳も出来て、子猫用パウチご飯を食べていたのですが
    他のミルボラちゃんの授乳を毎時間見ている影響からなのか?
    乳飲み子返りし、子猫用ご飯よりミルクを好んで欲しがる
    子猫用ご飯をあまり食べてくれないなりました。
    そっくす君のお預かり期限は
    7月半ば、後半までなのですが、
    センター獣医師さんと相談し、
    本日、センターへ戻り、少し早めの里親募集準備に入りました。
    北九州動物愛護センターには子猫から成猫まで
    愛らしい子達が新しい家族を待っています。
    ご感心ある方は・・・北九州動物愛護センターまで。
                                                    …おしまい…
  • ~2018年度、第6期ミルボラちゃん卒業猫 仮名:なっつ・みるく・みんと~

    07月03日 13時
    こんにちは、元ねこ店長のにゃーすです。
    ブログはミルボラちゃんのお世話日記になっていますが、
    お世話等でなかなか更新が出来ず、すみません。。。
    そして今回も、お世話日記を記載します。
    前回、合計7ニャンをお預かりしていましたが、
    他のミルボラさんがお預かりが難しいとの事だったので、
    5月14日、第6期ミルボラちゃんとしてお預かりする事にしました。
    イメージ 1
    (168g)
    イメージ 2
    (145g)
    イメージ 3
    (156g)
    この子達をお預かりした際、今までとは違う強い匂いを感じました。
    ノミ取りスプレーに混ざった匂い腐敗臭が・・・
    晩御飯を食べた後、授乳された際、
    エアコンの風の流れでその匂いを嗅ぎ、嘔吐してしまうほど・・・
    次の日センターへ確認すると・・・
    腐敗しウジ虫がいた母猫だと思われる猫にしがみついていたらしいです。。。
    この子達には申し訳ないけど、身体を洗い、1度では抜けないくらい
    強いにおいだったので、日を改めて3度洗で腐敗臭は感じなくなりました。
    初回の授乳は飲んでくれませんでしたが
    その後は、3ニャンで競争するようにキュンキュンと飲んで成長してくれました。
    イメージ 4
    たくさん飲むので成長も早く・・・
    イメージ 5
    体温も安定し、下がる事はないと判断し・・・
    イメージ 6
    いつもより早めのゲージデビュー・猫トイレ教育でした。
    途中軟便になり、コクシジウムが出ましたが、授乳は変わらず
    キュンキュン飲んでくれました。
    もう危険な時期にはならないと思い、お客様に仮名を決めていただきました。
    イメージ 7
    (みるく)
    イメージ 8
    (なっつ)
    イメージ 9
    (みんと)
    3ニャン揃って記念撮影…
    誰が観ても可愛いと言っていただける子達に育っています。
    イメージ 11
    途中で、1ニャンだけで持ち込まれた10日くらいの子がいて
    初日はキャリーバックで育てましたが、
    寂しそうな声で夜中も鳴いていたので
    この子達と一緒にしてみました。
    まるで兄妹かとように自然だったのでそのまま育て・・・
    ベランダデビューもし・・・
    イメージ 10
    ミルクは戻る最期まで哺乳瓶から飲んでいましたが
    離乳も出来、カリカリも食べてくれるようになり・・・
    イメージ 12
    体重も700g後半から800gオーバーになり、
    イメージ 13
    先週戻る予定でしたが、ひとりぼっちでやってきた同居ニャンとの別れ期間を頂き・・・
    イメージ 14
    本日、北九州動物愛護センターへ戻りました。
    ワクチン接種後、里親募集準備に入ります。
    やんちゃで、甘えん坊で、子猫らしい子猫です。
    また、他にも愛らしい子達、落ち着きのある成猫ちゃんも
    新しい家族を待っていますので、
    ご感心ある方は北九州動物愛護センターへお問い合わせ下さいませ。
    ※現在、ミルクボランティアが不足しています。
    条件等はありますが、やる気のある方は
    北九州動物愛護センターへお問い合わせお願いします。
                                                          …おしまい…
  • ~2018年度、第8期ミルボラちゃん…虹の橋を渡りました~

    06月26日 15時
    こんにちは、にゃーすです。
    今年は乳飲み子のお預かりが
    2月26日からはじまり…
    離乳出来た頃にまたお預かりと続いています。
    そして今回も…
    6月12日、センターから連絡がありました。
    『へその緒がついているまだ生まれて3日くらいの乳飲み子3ニャン、
    お預かり出来ませんか?』
    『他のミルボラさんも厳しいみたいでどうする事もできないので。』
    お断りする理由もなく、ウチで引き受けました。
    現在お預かり数は7にゃんになり、
    月齢も違うし、体温調整も出来ないので、
    大きい組はゲージ…この子達はキャリーバックにてお世話となります。
    イメージ 1
    (92g 男の子)
    イメージ 2
    (88g 女の子)
    イメージ 3
    (93g 女の子)
    初めは上手く授乳出来ない子もいましたが、
    へその緒が落ちる頃には全員100オーバーになり、
    2ニャンは目も開きました。
    イメージ 4
    イメージ 5
    イメージ 6
    生後1週間になった頃より軟便が続きだしたので、
    その週の金曜日、動愛センターで便検査してもらいました。
    結果は…『コクシジウムがいる!』
    生後1週間でコクシがいるとか稀の稀のようでした。
    私も6年ちょっと、170ニャンほどの乳飲み子をお世話して初めてでした。
    コクシジウム用のお薬が強いので5倍に薄めて〇〇cc投薬する診断でした。
    支持通り行い、完治するのを待っていましたが、
    正直、1週間でコクシが出たら生きれないのでは?と思いましたが
    私が完治出来ると信じて育てないと治るものも治らないと言い聞かせ
    お世話を続け、その日(木曜日)の朝方、1ニャンが虹の橋を渡りました。
    念の為、木曜日、センターでパルボウイルス検査をしてもらい
    結果は…陰性…問題なしでした。
    イメージ 7
    センターで出来る治療はないのか?確認し、
    気休め程度だろうとの事でしたが、インターキャット摂取してもらいました。
    ミルクが腸を刺激するので、少し休ませる意味も込めて、
    ミルクから電解水に切り替え、脱水にならないように点滴をする。
    確実に胃腸に僅かの栄養を与える為、カテーテルで投与しましたが…
    その日の夜中(金曜日)、もう1ニャンと虹の橋を渡りました。
    下痢が続き、腸管が破裂したのか?血便もあり、お尻から出血をする
    苦しかっただろう…きつかっただろうと思います…。
    獣医師さんに残る1ニャンに出来る治療はないか確認しましたが、
    同様に飲んだ分だけ下痢をしている事、
    体重が140gしかない事、
    月齢が小さすぎて使える薬がない事もあり、
    治療は出来ないとの事でしたが、
    残った子には他の子と違う生きる気力を感じていました。
    この子は鳴き声も大きく、他の子よりは動く元気がある…
    それだけではありますが、生きれると判断し、かかりつけ医に相談しました。
    イメージ 8
    診察では…月齢が小さくてコクシジウムの薬でより胃腸が荒れているのだろうから
    腸の動きを改善する治療・抗生剤を投与して完治しなければ、厳しいだろう…
    …いくら下痢が続いていても電解水だけでは栄養を与えないと治るものも治らないので
    ミルクを微量、何回も与えて栄養を与えるように…
    との事でした。
    診察から4時間ほどして、自力でミルクを飲めるようになりました。
    毎日通院を続けた結果、
    飲んだ分だけ下痢もそれも治まり、動く範囲も大きくなってきました。
    土曜日・日曜日と通院し、月曜日の日の朝、いつもより元気がなく、
    お尻からは黄色い硬さのある便が出ようとしていたので
    排泄の補助を行いましたが、元気は戻らない、ミルクも飲めなくなりました。
    元々通院する予定ではあったので、急いで病院へいきましたが、
    …状態が悪くなるかもしれないので覚悟をしておくように…
    との事でした。
    確実に与える為、カテーテルで3ccずつ授乳させてみましたが、
    弱っていき、黄色い硬さのある便から軟便になりだした頃には
    呼吸も荒くなり、夜間へ行く事も考えましたが、
    呼吸の荒さなどもあり、静かに看取る事を決め、
    手の平の上で少しずつ呼吸も静かになりました。
    先週末、今週と立て続けに看取るのは気分的に下がりますが、
    人が外に放ち、外で産まれて、私と同じ人間が殺処分される事を覚悟で
    持ち込んでいるので、誰かが救わないといけない!
    その子達は大きく健康に育ち、新しい家族のもとでたくさん甘えて
    生涯面倒を見てもらい、病気になったら、亡くなったら鳴いてくれる家族がいる。
    なので、保護猫カフェとしてお店をやっている以上は
    私には出来る環境が整っているので、
    またセンターから連絡があれば、お預かりし、
    良きご縁を掴めるお手伝いをさせてもらいます。
    ご感心ある方は、北九州動物愛護センターのHPをご確認下さい。
    沢山の愛らしい子達が新しい家族を待っていますので。。。。
                                                   …おしまい…
  • ~2018年度、第5期ミルボラちゃん かなり早めの卒業猫 仮名もまだ決まっていなかった元5兄妹~

    05月18日 21時
    こんばんは、お空の上から…また、にゃーすです。
    先程投稿した第4期ミルボラちゃんをお預かりした次の日…
    センターから連絡があり、預かり手がいないとの事だったので…
    第5期ミルボラちゃんとして
    生後5日から1週間前の5兄妹をお預かりしました。
    これでG/W前に10ニャンをお預りした事になり、
    授乳・排泄等で1時間かかると覚悟し、
    G/Wさえ乗り切れば、客足は減るのが毎年恒例なので
    それまでの辛抱と思っていしたが…
    この兄妹は久々に手のかかる子達でした。
    イメージ 1
    (152g 男の子)
    ぼやけてわかりにくいかもしれませんが、
    お預り当初から鼻水が出ており、クシャミもしていました。
    イメージ 2
    (165g 女の子)
    イメージ 3
    (164g 女の子)
    鼻に髭があるのが特徴です。
    イメージ 4
    (137g 女の子)
    イメージ 5
    (162g 男の子)
    第4期とそこまで月齢も変わらないからと安易な気持ちで
    第4期ミルボラちゃんとこの子達(第5期ミルボラちゃん)を
    一緒のキャリーバックハウスで育てる事にしました。
    でも、鼻風邪ちゃんはお預り当日からミルクの飲みが悪く、
    鼻が詰まっている為、授乳が上手く出来なかったので、
    数日だけカテーテルで授乳するつもりで与えました。
    手持ちの抗生剤入り点眼液・猫風邪用眼軟膏を差してましたが
    完治する様子がなかったので
    お預り2,3日して第4期と、この子達を別々のキャリーバックで育てました。
    連休期間中も相変わらず鼻詰まりでしたが
    カテーテル授乳を続けていたので、連休中日に
    センターへ行き、抗生剤入ドライシロップを処方してもらい
    与えていましたが、それでも症状はよくなりませんでした。
    連休後半まで持ちこたえ、
    連休明け、インターフェロン・抗生剤を注射してもらったら
    変化があるのでは期待していましたが・・・
    連休最終日の朝方、脱水状態になり、点滴等を行い
    イメージ 6
    一時復活しましたが、その日の夜中に体調が悪化し、
    夜間へ行く準備をしていましたが、間に合いませんでした…。
    写真は5月6日復活したので、
    注射さえ打てば、元気になる完治すると期待して
    目も開いた記念に撮りました。
    イメージ 7
    イメージ 8
    イメージ 9
    イメージ 10
    でも、まだ猫風邪細菌は店内に蔓延していたようで…
    髭のあるきじしろちゃんの猫風邪症状が酷くなり、
    週2回のペースでセンターで診察してもらい、
    イメージ 11
    点眼液3種類・眼軟膏2種類・抗生剤入トライシロップ・抗生剤、インターキャットなど
    色んな治療してもらいましたが、
    髭のあるきじしろちゃんは鼻風邪ちゃんが乗り移ったかのように
    同じ鼻呼吸だったのでカテーテル授乳を行いました。
    その後、この鼻髭ちゃんは今日までずっとカテーテル授乳でした…。
    写真↓の黒が多めのきじしろちゃんも同様に鼻水、鼻呼吸になり
    カテーテル授乳を4,5日続けていましたが
    イメージ 12
    この子だけは猫風邪症状が完治し、
    自分でキュンキュン飲めるまでになりました。
    薬が全く効かない鼻髭ちゃんは目の腫れも酷く、
    眼の癒着も始まり、眼球に張る白く膜を取り除かないと
    失明してしまうまで酷い状態でした。
    イメージ 13
    はじめの鼻風邪ちゃんから始まり
    完治した黒多めのきじしろちゃん含めたら
    最終的には7ニャンが猫風邪感染症状がみられ
    このままでは皆、猫風邪症状になる…
    ウチの子達(まっしゅ・ゆめちゃん・くるみさんうろこちゃん・おにぎりちゃん他)にも
    猫風邪初期症状がみられ、点眼で治まっている子、
    点眼を続け、通院になるかもしれない子と感染が広がる・・・
    今週はじめにお預かりした第6期ミルボラちゃんに感染してはいけない
    と、かかりつけ医へ通い、
    抗生剤2種類、特殊なインターフェロンを摂取してもらっていました。
    本日、通院する前の授乳時、カテーテル授乳を卒業したきじとらちゃんの
    吸引勢いが鼻詰まりの割りに強めで
    勢い余って気管にミルクが入り、急いてかかりつけ医へ走りましたが…
    病院へ付く前に息絶えてしまいました…。
    残った猫風邪症状の子達の診察の帰り、センターへ亡くなった事を伝えに行き
    イメージ 14
    第4期ミルボラちゃん同様、この子達もセンターで
    お世話治療を引き継ぐ事になりました。
    イメージ 15
    医療費は頭数を連れて行っているので、加算でいましたが
    通えば、変化は見られるはずだと思っていたので
    センターで引き継ぐ事は
    後ろ髪を引かれる思いですが・・・
    感染勢いを考え、センター所長の意見を受けました。
    イメージ 16
    カテーテル授乳を2週間ほど続けていた鼻髭ちゃんは
    お客様からの戴き物ちゅーる系を口に入れれば食べてくれる
    葉も生えていており、牙が伸びている矢先でした。
    生後3週間から4週間になるくらいでした…。
    今日からセンター獣医師さん他が連れて帰りお世話されるそうです。
    第6期ミルボラちゃんの件等で、またセンターへ行った時にはなりますが、
    いつもよりかなり早く戻った第4期、第5期ミルボラちゃんの様子を
    みさせてもらいます!!
                                                 …おしまい…
  • ~2018年度、第4期ミルボラ少し早めの卒業猫 仮名:ゆうが・ななこ・たけちゃん~

    05月18日 19時
    こんばんは、お空の上から…にゃーすです。
    G/W前、5月1日に、第3期ミルボラちゃんと入れ替わりでやってきた
    第4期ミルボラちゃん達。
    生後10日から2週間になる前くらいだと思われます。
    ブルーシートがかかったゴミ捨て場に捨てられていたとの事でした。
    イメージ 1
    (体重:190g 女の子)
    センター職員さんが警察署へ引き取りに行った際は脱水が酷かったと。
    イメージ 2
    (体重:177g 女の子)
    写真でもわかるかと思いますが、目やにが出ていた子です。
    イメージ 3
    (体重:180g 男の子)
    クロ?グレー?の皮膚の奥は白毛です。
    お預り初めての授乳をする際、腐ったような匂いがしていましたが、
    ゴミ捨て場に捨てられていた子と聞いていたので
    その匂い??と思っていたのですが…
    左後ろ足の指が千切れ、ぷらぷらしている
    人間の手で例えると、手のひらの箇所から腐った匂いがしていました。
    すぐにセンター獣医師に確認し、
    その日は休暇をとっていたので知らなかったみたいですが、
    他の箇所に細菌感染する・壊死する箇所があるか
    後日連れていき、診察してもらいました。
    そのままにしていたら、ぷらぷらしている指は腐って落ち、
    手のひらに辺り肉球は瘡蓋が外れないとわからないとの事だったので
    イメージ 4
    1週間後センター行き、瘡蓋をふやかして
    イメージ 6
    ピンセットで取り除き、
    患部は塗り薬とサランラップでテーピングする処置を毎日行い…
    イメージ 5
    傷口も綺麗になっていきました。
    イメージ 10
    そして3週間したら、まるで元々、3本指だったかのように
    綺麗になりましたが…
    この第4期ミルボラちゃんをお預かりした次の日に
    またお預かりした第5期ミルボラちゃんで鼻風邪の子がいたのですが・・・
    その子の猫風邪が蔓延し、3本指のみけねこちゃんは
    目の腫れ・クシャミの症状が酷くなっていきました。
    そんな第4期ミルボラちゃん達に強く育って欲しいと
    競馬絡みの命名を常連様にしていただきました。
    イメージ 7
    仮名:ゆうが 女の子
    イメージ 8
    仮名:ななこ 女の子
    イメージ 9
    仮名:たけちゃん 男の子
    その後、3日に1回、センターへ通い治療を行いましたが、
    なかなか完治してくれませんでした。
    眼軟膏2種類・点眼液3種類・抗生剤入ドライシロップ、
    抗生剤注射・インターキャットなど
    第5期ミルボラちゃんとははじめの2.3日だけ一緒のきゃりーで育てていたのですが
    それが悪かった・別ゲージ・キャリーとしても店舗の構造上、お部屋は一緒なので
    空気感染してしまった、薬で完治しない子猫の免疫力の弱さもあったんだと思います。
    センターで完治しないのであれば、かかりつけ医で診察してもらおうと
    2日連続で、通院し、2種類の抗生剤・特殊なインターフェロンを摂取し、
    帰りにセンターへ近況報告、
    ミルボラの子猫を診察してくれる病院の件で話し合い、
    もう離乳出来ている事
    病院での治療が必要でウチで医療費を支払いし負担になっている事
    今週はじめにお預りした、第6期ミルボラちゃんにまで感染しないよう
    センターに戻る事になってしまいました。
    イメージ 11
    医療費は5ニャンをかけていたので大きかったのですが…
    イメージ 12
    この子達の成長をもう少し見届けたかったです…。
    イメージ 13
    まだ生後4週間になったくらいなので、
    まだまだ里親募集掲載まで時間はかかるかと思います。
    まだミルボラちゃんをお預かりしているので、
    センター訪問の際、またこの子達の猫風邪完治、成長を見れれば…
    と思います。
                                                      …おしまい…

場所福岡県北九州市小倉北区魚町3丁目4−3
バザーリ小倉 5F
TEL093−541−0102
公式HPhttp://park.geocities.jp/kokuranekocyaya/content/index.html
Bloghttp://blogs.yahoo.co.jp/boou_1964
道順北九州鉄道(モノレール)平和通り駅を降り、 緑色の看板の『親和銀行』さんの角を曲がり 赤い看板の『焼き鳥本陣』さんの右隣の 一風変わった建物(バザーリ)の5Fです。
営業時間2010年10月25日