ねこのいるカフェ 小倉猫茶家


ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真1

『小倉猫茶家』店内

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真2

カルボナーラ♪

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真3

キャラメルナッツのスイートポテト!

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真4

抹茶ラテ♪

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真5

にゃーす君

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真6

すず様

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真7

オットアイ!きのこちゃん

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真8

兄まっしゅ君

ねこのいるカフェ 小倉猫茶家写真9

ぼんちゃん

紹介・利用案内

小倉猫茶家

住民達は元地域猫・・・野良猫です。我が家に来て、一部の猫は新しい家族を探し、猫なりに接待しています。
ゲストの定員は10名程度の小さいお店です。
猫たちは新しい家族(里親)を探しています。(医療費の一部ご負担をお願いしています。)

mixi m コミュニティー名 小倉猫茶家


保護

当店では猫の保護は受け付けていません。
小倉猫茶家住民になるには、他の子達に感染しないよう、『血液検査』『ワクチン』『検便』『ノミ、ダニ駆除』『避妊去勢』など行います。子猫・人の赤ちゃん・免疫力のない人が『感染』しないようにする為です。
小倉猫茶家の活動
ボランティア団体の方は、地域の野良犬や野良猫をこれ以上、増やさないよう、避妊去勢及び、飼い主から見放された動物達の餌やりを『実費』で行い、里親探しをしています。
当店でも同様に、新しい家族(里親)を探しています。少しでも新しい家族に出会えるよう、告知し、住民達も接待しています。当店で団体の方を応援出来る手段として・・ガチャガチャおやつ・イラスト・写真・ポストカード他を販売し、売上の一部を動物保護の為に寄付・治療費として使わせて頂いております。
猫が好む人
猫を飼っている人・・・知らない猫の匂いに興味を示します。
おやつをくれる人・・・食べ物は最強。時には戦場と化します。
※数量制限あり(肥満防止)人の食べ物は味が濃すぎます。
お腹を壊しますので、絶対に与えないで下さい。
おもちゃで遊んでくれる人・・・可愛いポーズでおもちゃしか見えてません。他のお客様・怪我にはお気をつけて下さい。
猫に嫌われる人
大声・高い声で近寄る人・・・知らない人から捕まると思ったら、勿論、逃げます。
自由にさせない人・・・自由奔放な性格なのが猫です。暴れて怪我をする危険があります。
猫を乱暴に扱う人・・・言わずともわかりますよね。人も一緒です。

料金・システム

30分コース(1ドリンク付)
60分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)
90分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)
120分コース(フリードリンクor1ドリンク・1デザート)



+100円でケーキセットに変更できます。
+200円でスイーツドリンク・ケーキセットに変更できます。
+300円でフードセットに変更できます(サービスドリンク付)。
※60分コース以上のお客様に限ります。
+500円でビール・おつまみセットに変更できます。

延長 15分毎 200円

お願い・ご注意

エレベーター正面のドアを開ける際は、近くに猫がいないか確認してご入店下さい。
フロントにて受付、ご利用上の注意などにご同意いただいたあと、手洗い消毒をして、お好きな席へお座り下さい。
※手洗い消毒は人と猫との健康の為、必ず行って下さい。
※貴重品がある場合、お預り致します。
ドリンクやフードは、絶対に猫たちに与えないで下さい。
ゆっくりとお食事したい方、食べにくい方はカフェスペースをご利用下さい。
※カフェスペースへの猫の出入りは禁止です。
お時間になってもお呼びしませんので、自己管理でお願いします。
他に入店待ちの客様がいない場合は、お好きなだけ延長(15分200円)出来ます。
ご来店時のご注意
ペット同伴はご遠慮下さい。
中学生未満のお客様は、お客様と猫の危険防止の為、慣れている方でも、抱っこはご遠慮下さい。
※猫たちが嫌がる時は、他のお客様も抱っこしないで下さい。
万が一、猫たちが怪我・損害を与えてしまった場合、
  応急処置程度しか出来かねますので、ご了承下さい。
猫や他のお客様が嫌がる行為と判断した場合、助言させて頂きます。
  改善がお見受けできない場合は、退店して頂く場合もありますので、ご了承下さい。
※店内で大声を出す、走り回る、猫が嫌がる行動をするなど。
※猫は強い光に弱いので、フラッシュを使用する写真撮影など。
基本的には全て自己管理、保護者の責任の上でお楽しみ下さい。

場所

場所福岡県北九州市小倉北区魚町3丁目4−3
バザーリ小倉 5F
TEL093−541−0102
道順北九州鉄道(モノレール)平和通り駅を降り、 緑色の看板の『親和銀行』さんの角を曲がり 赤い看板の『焼き鳥本陣』さんの右隣の 一風変わった建物(バザーリ)の5Fです。
 

記事

  • ~2018年度、第5期ミルボラちゃん かなり早めの卒業猫 仮名もまだ決まっていなかった元5兄妹~

    05月18日 21時
    こんばんは、お空の上から…また、にゃーすです。
    先程投稿した第4期ミルボラちゃんをお預かりした次の日…
    センターから連絡があり、預かり手がいないとの事だったので…
    第5期ミルボラちゃんとして
    生後5日から1週間前の5兄妹をお預かりしました。
    これでG/W前に10ニャンをお預りした事になり、
    授乳・排泄等で1時間かかると覚悟し、
    G/Wさえ乗り切れば、客足は減るのが毎年恒例なので
    それまでの辛抱と思っていしたが…
    この兄妹は久々に手のかかる子達でした。
    イメージ 1
    (152g 男の子)
    ぼやけてわかりにくいかもしれませんが、
    お預り当初から鼻水が出ており、クシャミもしていました。
    イメージ 2
    (165g 女の子)
    イメージ 3
    (164g 女の子)
    鼻に髭があるのが特徴です。
    イメージ 4
    (137g 女の子)
    イメージ 5
    (162g 男の子)
    第4期とそこまで月齢も変わらないからと安易な気持ちで
    第4期ミルボラちゃんとこの子達(第5期ミルボラちゃん)を
    一緒のキャリーバックハウスで育てる事にしました。
    でも、鼻風邪ちゃんはお預り当日からミルクの飲みが悪く、
    鼻が詰まっている為、授乳が上手く出来なかったので、
    数日だけカテーテルで授乳するつもりで与えました。
    手持ちの抗生剤入り点眼液・猫風邪用眼軟膏を差してましたが
    完治する様子がなかったので
    お預り2,3日して第4期と、この子達を別々のキャリーバックで育てました。
    連休期間中も相変わらず鼻詰まりでしたが
    カテーテル授乳を続けていたので、連休中日に
    センターへ行き、抗生剤入ドライシロップを処方してもらい
    与えていましたが、それでも症状はよくなりませんでした。
    連休後半まで持ちこたえ、
    連休明け、インターフェロン・抗生剤を注射してもらったら
    変化があるのでは期待していましたが・・・
    連休最終日の朝方、脱水状態になり、点滴等を行い
    イメージ 6
    一時復活しましたが、その日の夜中に体調が悪化し、
    夜間へ行く準備をしていましたが、間に合いませんでした…。
    写真は5月6日復活したので、
    注射さえ打てば、元気になる完治すると期待して
    目も開いた記念に撮りました。
    イメージ 7
    イメージ 8
    イメージ 9
    イメージ 10
    でも、まだ猫風邪細菌は店内に蔓延していたようで…
    髭のあるきじしろちゃんの猫風邪症状が酷くなり、
    週2回のペースでセンターで診察してもらい、
    イメージ 11
    点眼液3種類・眼軟膏2種類・抗生剤入トライシロップ・抗生剤、インターキャットなど
    色んな治療してもらいましたが、
    髭のあるきじしろちゃんは鼻風邪ちゃんが乗り移ったかのように
    同じ鼻呼吸だったのでカテーテル授乳を行いました。
    その後、この鼻髭ちゃんは今日までずっとカテーテル授乳でした…。
    写真↓の黒が多めのきじしろちゃんも同様に鼻水、鼻呼吸になり
    カテーテル授乳を4,5日続けていましたが
    イメージ 12
    この子だけは猫風邪症状が完治し、
    自分でキュンキュン飲めるまでになりました。
    薬が全く効かない鼻髭ちゃんは目の腫れも酷く、
    眼の癒着も始まり、眼球に張る白く膜を取り除かないと
    失明してしまうまで酷い状態でした。
    イメージ 13
    はじめの鼻風邪ちゃんから始まり
    完治した黒多めのきじしろちゃん含めたら
    最終的には7ニャンが猫風邪感染症状がみられ
    このままでは皆、猫風邪症状になる…
    ウチの子達(まっしゅ・ゆめちゃん・くるみさんうろこちゃん・おにぎりちゃん他)にも
    猫風邪初期症状がみられ、点眼で治まっている子、
    点眼を続け、通院になるかもしれない子と感染が広がる・・・
    今週はじめにお預かりした第6期ミルボラちゃんに感染してはいけない
    と、かかりつけ医へ通い、
    抗生剤2種類、特殊なインターフェロンを摂取してもらっていました。
    本日、通院する前の授乳時、カテーテル授乳を卒業したきじとらちゃんの
    吸引勢いが鼻詰まりの割りに強めで
    勢い余って気管にミルクが入り、急いてかかりつけ医へ走りましたが…
    病院へ付く前に息絶えてしまいました…。
    残った猫風邪症状の子達の診察の帰り、センターへ亡くなった事を伝えに行き
    イメージ 14
    第4期ミルボラちゃん同様、この子達もセンターで
    お世話治療を引き継ぐ事になりました。
    イメージ 15
    医療費は頭数を連れて行っているので、加算でいましたが
    通えば、変化は見られるはずだと思っていたので
    センターで引き継ぐ事は
    後ろ髪を引かれる思いですが・・・
    感染勢いを考え、センター所長の意見を受けました。
    イメージ 16
    カテーテル授乳を2週間ほど続けていた鼻髭ちゃんは
    お客様からの戴き物ちゅーる系を口に入れれば食べてくれる
    葉も生えていており、牙が伸びている矢先でした。
    生後3週間から4週間になるくらいでした…。
    今日からセンター獣医師さん他が連れて帰りお世話されるそうです。
    第6期ミルボラちゃんの件等で、またセンターへ行った時にはなりますが、
    いつもよりかなり早く戻った第4期、第5期ミルボラちゃんの様子を
    みさせてもらいます!!
                                                 …おしまい…
  • ~2018年度、第4期ミルボラ少し早めの卒業猫 仮名:ゆうが・ななこ・たけちゃん~

    05月18日 19時
    こんばんは、お空の上から…にゃーすです。
    G/W前、5月1日に、第3期ミルボラちゃんと入れ替わりでやってきた
    第4期ミルボラちゃん達。
    生後10日から2週間になる前くらいだと思われます。
    ブルーシートがかかったゴミ捨て場に捨てられていたとの事でした。
    イメージ 1
    (体重:190g 女の子)
    センター職員さんが警察署へ引き取りに行った際は脱水が酷かったと。
    イメージ 2
    (体重:177g 女の子)
    写真でもわかるかと思いますが、目やにが出ていた子です。
    イメージ 3
    (体重:180g 男の子)
    クロ?グレー?の皮膚の奥は白毛です。
    お預り初めての授乳をする際、腐ったような匂いがしていましたが、
    ゴミ捨て場に捨てられていた子と聞いていたので
    その匂い??と思っていたのですが…
    左後ろ足の指が千切れ、ぷらぷらしている
    人間の手で例えると、手のひらの箇所から腐った匂いがしていました。
    すぐにセンター獣医師に確認し、
    その日は休暇をとっていたので知らなかったみたいですが、
    他の箇所に細菌感染する・壊死する箇所があるか
    後日連れていき、診察してもらいました。
    そのままにしていたら、ぷらぷらしている指は腐って落ち、
    手のひらに辺り肉球は瘡蓋が外れないとわからないとの事だったので
    イメージ 4
    1週間後センター行き、瘡蓋をふやかして
    イメージ 6
    ピンセットで取り除き、
    患部は塗り薬とサランラップでテーピングする処置を毎日行い…
    イメージ 5
    傷口も綺麗になっていきました。
    イメージ 10
    そして3週間したら、まるで元々、3本指だったかのように
    綺麗になりましたが…
    この第4期ミルボラちゃんをお預かりした次の日に
    またお預かりした第5期ミルボラちゃんで鼻風邪の子がいたのですが・・・
    その子の猫風邪が蔓延し、3本指のみけねこちゃんは
    目の腫れ・クシャミの症状が酷くなっていきました。
    そんな第4期ミルボラちゃん達に強く育って欲しいと
    競馬絡みの命名を常連様にしていただきました。
    イメージ 7
    仮名:ゆうが 女の子
    イメージ 8
    仮名:ななこ 女の子
    イメージ 9
    仮名:たけちゃん 男の子
    その後、3日に1回、センターへ通い治療を行いましたが、
    なかなか完治してくれませんでした。
    眼軟膏2種類・点眼液3種類・抗生剤入ドライシロップ、
    抗生剤注射・インターキャットなど
    第5期ミルボラちゃんとははじめの2.3日だけ一緒のきゃりーで育てていたのですが
    それが悪かった・別ゲージ・キャリーとしても店舗の構造上、お部屋は一緒なので
    空気感染してしまった、薬で完治しない子猫の免疫力の弱さもあったんだと思います。
    センターで完治しないのであれば、かかりつけ医で診察してもらおうと
    2日連続で、通院し、2種類の抗生剤・特殊なインターフェロンを摂取し、
    帰りにセンターへ近況報告、
    ミルボラの子猫を診察してくれる病院の件で話し合い、
    もう離乳出来ている事
    病院での治療が必要でウチで医療費を支払いし負担になっている事
    今週はじめにお預りした、第6期ミルボラちゃんにまで感染しないよう
    センターに戻る事になってしまいました。
    イメージ 11
    医療費は5ニャンをかけていたので大きかったのですが…
    イメージ 12
    この子達の成長をもう少し見届けたかったです…。
    イメージ 13
    まだ生後4週間になったくらいなので、
    まだまだ里親募集掲載まで時間はかかるかと思います。
    まだミルボラちゃんをお預かりしているので、
    センター訪問の際、またこの子達の猫風邪完治、成長を見れれば…
    と思います。
                                                      …おしまい…
  • ~子猫を保護したら、ミルボラに育ててくれるだろう??~

    05月15日 14時
    こんにちは、お空の上から・・・にゃーすです。
    北九州市が『処分ゼロ』を目指して、
    2年前より市民ボランティアを募集し、
    現在、『ミルクボランティア』という制度が出来ました。
    小倉猫茶家が行っていた6年前では、
    粉ミルクも、ペットシーツも、離乳で使う子猫用ご飯も、
    ペットヒーターも、子猫の医療費も自己負担でした。
    当時は、動物医薬品もあまり購入出来なかったので
    完治させるには、自己負担で病院へ行く流れでした・・・。
    でも、今は、ミルボラさんに負担が少なくなるように
    全て市が支給してくれます。
    休日・夜間にも対応出来る病院が1件ずつではありますがあります。
    ※今後は、北九州市の全ての区に対応出来る協力病院が出来れば
    より活動しやすくなると思います。
    メディアでも、『北九州市の取り組みミルクボランティア』活動を
    テレビ・新聞等で伝え、ミルクボランティアの活動がより色んな方に
    知って頂けたと思います。。。
    が・・・逆に、子猫を保護したら・・・
    『愛護センターへ連れていけばミルボラってのが育ててくれるだろう!』
    『アタナはミルボラしてるなら、私が保護した子猫も育ててくれ!』
    との方々がかなり増えています。
    電話・メール等で問い合わせがある場合もご説明していますが
    ミルクボランティアが10名・20名・50名・・・稼働わけではありません。
    イメージ 1
    まだ目も開いていない子猫で生後1日から10日未満です。
    この子猫をミルクを与え、離乳食に興味を持つまで、
    4週齢ほどになるまで育てないといけません。
    イメージ 2
    3時間おきに授乳・排泄・体温、体調管理。
    イメージ 3
    24時間体制でお世話しています。
    イメージ 4
    どうしようもない場合もあるかと思いますが、
    母猫がそばにいる場合は、その母猫から子猫を引き離さないで下さい!!
    『外に子猫だけでいたので、保護した』との事も多く聞きます。
    母猫は子猫にミルクを与えるのに自分も食事にありつかないといけません。
    人間と違い、手を身体をうまく使えるわけではありませんので、
    食事する場所に子猫を連れて行く事は出来ません。
    母猫なりに・・・『ここなら外敵が来ない安全な場所だ!』
    と我が子を置いて食事にいっているはずです。
    イメージ 5
    ミルボラも1回お預かりして生後2ヶ月くらいにまるまで
    お預りし、北九州動物愛護センターへ戻り、
    里親募集する準備を整い次第、
    ホームページに掲載されます。
    1名のミルボラが仕事・家庭があり、お預りするのは
    個人差もありますが、『2ニャン』から『5ニャン』くらいです。
    今年はかなりのハイペースで持ち込みがあっています。
    このままでは、ミルボラもパンクしますし、
    引き出して頂くボランティアさんも限界があります。
    また、ウチのように無理して子猫をお預りし、
    北九州動物愛護センターへ里親募集出来る月齢の子猫
    が増えすぎると、そのスペースがなくなってしまいます。
    離乳も出来る月齢の子が、
    交通事故で治療が必要な子を
    見捨てる事になります。
    イメージ 6
    母猫がいるのであれば、いるかもしれないのであれば
    これ以上、持ち込みを増やさないで下さい!!
                                   …おしまい…
  • ~2018年度、第3期ミルボラ卒業猫 仮名:えん・でい・りゅう~

    05月02日 13時
    こんにちは、お空の上から・・・にゃーすです。
    昨日、第2期ミルボラちゃんと一緒に第3期ミルボラちゃんも
    センターへ戻りました。
    このページでは、第3期ミルボラちゃんの
    お預り当初から、戻るまでの様子をご紹介します。
    やってきたのは・・・4月15日です。
    NEKOKODOUさんのSNSページを観て、
    某地区の写真外観が北九州であることに気づき、
    他のミルボラさんがお預り出来ない状態であり、
    ウチには2ニャンがいるので、センター獣医師さんは気を使われて
    連絡出来なかったのでは…と思い、
    2ニャンも5ニャンも育てるのは同じだと思い、
    ウチでお預り出来る事を伝え、やってきました。
    イメージ 1
    (体重・305g 男の子)
    思ったより大きく、生後4週間になるくらいで、
    すぐに離乳出来るのはと思いました。
    イメージ 2
    (体重・260g 男の子)
    でも、まだ歯がしっかり生えていないので、
    1週間程、授乳し、離乳食に切り替えようと思っていましたが・・・
    写真上のくろねこ君がお預り当日の夜、脱水になり、ぐったり…。
    点滴し、点滴液で下がった体温を温め、30ふんおきに
    しっかり身体は温まっているか?
    汗をかいて逆に身体を冷まさないか?
    意識は戻ってきているか?など確認しました。
    2時間ちょっと様子をみて、復活しました。
    イメージ 3
    (体重・290g 男の子)
    ミルクはしっかり飲んでくれるのですが、
    くろねこ君の次は…きじとら君・・・はちわれ君が脱水に…と
    軟便にもなり、調子が悪くなりました。
    センターへ行く前に便検査を行うもコクシジウムの卵は見当たらず、
    また便の匂いも腐敗した匂いでなく、
    酸味がある匂い。
    センターで検査してもらいましたが、寄生虫は見当たらず、
    下痢止め抗生剤いりシロップを飲ませるようにと処方を受け、
    念の為、5ニャン全員に投薬しました。
    なかなか、完治しなかったので、再び便検査を依頼し、
    念の為、パルボウイルス検査もお願いし、寄生虫は無し・パルボは陰性で
    問題無し・・・。
    そろそろ仮名を決めないと・・・と思い、
    第2期ミルボラちゃんの命名頂いたお客様にこの3ニャンも命名頂きました。
    イメージ 4
    仮名:えん君
    イメージ 5
    仮名:でい君
    イメージ 6
    仮名:りゅう君
    お預り当初から比べると顔立ちも少しずつ変わってきています。
    お腹の具合は
    投薬を続けるもなかなか完治しないなぁ・・・
    と思うも、生後1ヶ月半を過ぎた頃には
    脱水状態になることはなく、でも、軟便・下痢は2週間程続いている・・・。
    少し便の緩さが変わってきた、硬さが出た子もいる頃
    別の乳飲み子が持ち込まれたとの連絡があり、
    入れ替わりで戻る事になりました・・・。
    イメージ 7
    お別れはいつも突然やってきます。
    でもそのお別れは、この子達が幸せになる為のお別れです。
    イメージ 8
    お腹の具合がまだよくないので、完全完治させて、しっかり成長して
    里親募集掲載になるので、数週間は時間がかかるかと思います。
    イメージ 9
    第2期、この子達(第3期)と全員男の子で、やんちゃって言う感じではなく
    仲良し5ニャン組でした。
    ベランダ・保育室を自由に走り回るように、もう少し時間があったら
    やんちゃな男の子達になっていたのかも??
    イメージ 10
    掲載までは少しお時間がかかるかと思いますが、
    前回いた第1期ミルボラちゃん、
    他のミルボラさん宅を卒業した子達が掲載されます。
    ご関心ある方は・・・北九州動物愛護センターまで。
                                 …おしまい…
  • ~2018年度、第2期ミルボラ卒業猫 仮名:しん・こた~

    05月02日 12時
    こんにちは、お空の上から…にゃーすです。
    昨日、今年2回目のミルボラお預りちゃんが卒業したので、
    お預りから昨日までの流れをご紹介します。
    やってきたのは・・・
    4月6日でした。
    センター獣医師さんの話しでは・・・
    昨日、ブルーシートがかかったゴミ捨て場に段ボールがあり、
    その中に子猫がいると通報があり、警察署へ・・・
    その後、センターへやってきたと。
    その段ボールの中にはカリカリが入っていたらしく、
    遺棄・・・犯罪です!!
    その日は雨だったので、体温も低めで、体調が悪化しないよう
    身体を温め、ミルクを与えました。
    イメージ 1
    (体重・185g 男の子)
    初回はミルクをあまり飲んでくれず・・・
    でも、3時間おきでなく、2時間おきに少量を与え、
    気がつけば、キュンキュン飲んでくれるよう
    乳父として、認めてもらったようです。
    生後1週間から10日前後らしく、
    1ニャンはまだ目が開いていません。
    無事に育ってくれるか不安半分、絶対に生かす気持ちで
    お世話しました。
    イメージ 2
    (体重・189g 男の子)
    面白いように体重も増え、授乳にもあまり手がかからず飲んでくれるようになった
    3週間くらいになった頃、別の3ニャン(第3期ミルボラちゃん)がやってきて
    ゲージの中で共同生活をする事になりました。
    イメージ 3
    その子達は寄生虫はいないみたいですが、お腹が弱く、
    同じゲージで生活していたからなのか?
    センター分けのきじしろ君が軟便・下痢し始めました。
    投薬し、ミルクをキュンキュン飲み、少しずつ成長しました。
    生後4週間になる頃、仮名を命名いただきました。
    イメージ 4
    『こう』君
    こう君は、軟便・下痢をしながらも授乳時に使っていた敷物を
    チュウチュウと吸い、その敷物がない時は
    ご機嫌悪いのか、口元が落ち着かないのか、
    私の指、足の指を噛んでくる甘えん坊っぷりある子。
    イメージ 5
    『しん』君
    しん君は、お預り当初からトラブルなく順調に成長し、
    マイペースに飲み、食べる…。
    でも、こう君同様に、授乳時に使っていた敷物をチュウチュウ吸う。
    こう君と違うのは、私を噛まない…お利口さんでした。
    そんなふたりも成長し、生後1ヶ月半。
    そろそろお別れになると思っていた頃・・・
    イメージ 6
    別の乳飲み子が持ち込まれ、お預り出来るミルボラさんがいない
    との事で、こう君・しん君達と入れ替わりでお預りする事になりました。
    イメージ 7
    ベランダデビューし、駆け回る感じを観たかったのですが・・・
    ほんの少しだけで終わりでした。
    寂しい気持ちですが、仕方ない事です。
    この子達を生涯の家族として迎える方々がまっているので…。
    イメージ 8
    (カメラ目線をいただこうと猫鳴き声でアピールするも、威嚇される)
    センターへ戻り、まだもう少し成長しないといけないので、
    すぐに募集掲載はされませんが、前回の第1期ミルボラちゃんがいます。
    他のミルボラさんから戻った子達は掲載されるはずです。
    ご関心ある方は・・・北九州動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。
                                        …おしまい…

場所福岡県北九州市小倉北区魚町3丁目4−3
バザーリ小倉 5F
TEL093−541−0102
公式HPhttp://park.geocities.jp/kokuranekocyaya/content/index.html
Bloghttp://blogs.yahoo.co.jp/boou_1964
道順北九州鉄道(モノレール)平和通り駅を降り、 緑色の看板の『親和銀行』さんの角を曲がり 赤い看板の『焼き鳥本陣』さんの右隣の 一風変わった建物(バザーリ)の5Fです。
営業時間2010年10月25日